HOME > 成年後見

成年後見

成年後見制度とは、認知症(痴呆等)によって援助が必要な方、判断能力が不十分な方(痴呆性高齢者・知的障害者・精神障害者)が不利益を被らないよう、保護する制度です。
成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度から成ります。
この手続により、ご本人、親族の方が安心して生活をすることができます。

法定後見

既に判断能力が衰えている方が対象となります。 親族等が家庭裁判所に申し立てをして、後見人を選任して貰う制度です。

任意後見

ご本人がまだ思考・判断能力が明確な時期に、将来、ご自分の判断能力が低下した場合を考慮して、財産管理や、契約などを行ってくれる人を予め選んでおく制度になります。

こんな時は成年後見制度を・・・
  • 一人暮らしの母が訪問販売で必要の無いものを買ってしまう。
  • 将来入る事になるかもしれない老人ホームに入る為の契約や費用の支払いを代わりにしてもらいたい
  • 認知症の母の不動産を売却し、 母の入院費用にあてたい
  • 子供が重度の知的障害者で、自分達が亡くなった後のことが心配

このようなことでお困りなら、成年後見制度を利用するといいでしょう。

介護 成年後見人とは

ご本人の希望を尊重し,ご本人の心身の状態や生活状況に配慮しながら,必要な契約行為、代理行為を行い,本人の財産を適正に管理をしていくことです。
例えば、介護施設や老人ホームの入所契約の締結を行い、月々の費用の支払や不動産等の管理を行います。
当事務所では、あなたに最適な方法をご提案する為に、お話を伺い、まず成年後見制度をお分かり頂くまで説明させて頂いてから、手続きに入らせて頂きます。司法書士は、後見開始申立を裁判所にするための必要な書類を作成し、お力添え致します。
成年後見制度は、高齢者や障害者の方々の人権を守るために必要不可欠な制度です。
当事務所では、成年後見制度が必要と思われる方には、是非一人でも多くの方に、利用して頂きたいと考えております。
決してお一人で悩まず、当事務所の無料相談まで、お気軽にご相談下さい。まずは、あなたのお話をお聞かせください。