BLOG

2012年4月14日 土曜日

裁判員

裁判員裁判を経た一審判決が続々と出ています。

選任された一般の人々は、当初は戸惑いつつも、重大事件について審理を重ねるごと、責任感と使命感、裁判員同士の連帯感のバランスのもと、最後には出さなければならない結論に向けて重圧に耐えつつ議論を重ねる。 裁判員の方の会見を見ているとそんな状況がひしひしと伝わってきます。

極刑が適用されうる事件において、自白もなく、目撃者もなく、状況証拠のみで有罪無罪を判断しなければならない状況は、想像を絶しますね。

ところで、裁判員裁判は一審のみで、控訴されたら職業裁判官のみによる裁判になります。新制度の維持に年間何十億もかかるでしょう。そして、我々司法書士は弁護士さんとともに裁判員に選任されることはありません。



【十二人の怒れる男】



1953年 アメリカ
監督 シドニー・ルメット
出演 ヘンリー・フォンダほか

密室劇の名作。白黒、終始裁判所の控室の場面ですが、全く飽きさせず、魅せてくれる。


【12人の優しい日本人】



1991年 日本
監督 中原俊
脚本 三谷幸喜
出演 豊川悦司ほか

三谷幸喜の脚本で一番好きな映画です。
当然、日本に裁判員裁判制度がない時代に描かれた作品で、もしも、日本に陪審員制度があったら、日本人の民族性や性格から、こんな感じになるんじゃないかな~といった設定で、とてもユーモア、ウィットに富んでいると同時に恐ろしくもなる。



投稿者 秋山司法書士事務所 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年4月10日 火曜日

あえて世田谷公園

池尻大橋は目黒川の桜がきれいです。

大橋ジャンクションの開通やタワーマンションの建設もあり、大橋から中目黒へと向かう目黒川の桜風景も様変わりしつつあります。

明日は雨で桜も散ってしまうかも、とのことで、何か半分は義務的に桜を見ておかなければと思い、込んでいるであろう目黒川を避け、あえて事務所近くの世田谷公園を歩く。



控えめながら桜もあり、やはりここは落ち着きます。



投稿者 秋山司法書士事務所 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年4月 2日 月曜日

スマホ

スマホを買う。

電車に乗り、周りを見渡せばみなスマホcoldsweats02

周りからの、原始人を見るような目にも耐えつつ、ほとんど意地で※ガラケーを酷使するも、ついに買い替え。

※ガラパゴスケータイの略。世界標準から離れ独自の進化を遂げ日本のみで普及していた多機能携帯電話。



通信料の節約を試みる。

自宅のPCによるインターネット接続と外出先でのスマホによるインターネット接続を1回線に抑えるため、Wimaxの定額プラン3,880円に加入。さらに、家族と回線を共有するプランにより月+300円でそれぞれが外出先で同一回線を使える。
(別途、ルーターは購入する必要があり、同時接続はできない)

スマホの購入時にデータ通信のパケットプランを最低ランクにし、かつ3G回線をOFFで使用。

自宅のパソコンでプロバイダ契約をしつつ、スマホのパケット定額上限を利用するのなら、上記のような方法を取れば月々相当額の節約ができる。また、従来の携帯メールもWIFIで使用可能。


落とし穴も。


しかし、通信会社の料金設定というのは、うまくできていて、そのようなパケットの定額制を利用しない場合には、新機種の購入時に適用される端末代金の割引サポート(約半額になる)が受けられないようにできている!

考えた挙句、新機種が出た端末の一つ前のバージョンを買うことでほぼ、割引サポート後の端末料金で購入する。




ところで。

そういえば、先日京都地裁で、某通信会社の料金割引プランの中途解約による解約金の発生(条項)が消費者契約法に抵触して無効だ、解約金の返還、条項の差し止めを請求する訴えが棄却された。消費者と会社で明確な合意がされているということ。

あの、ばたばたと込み合った店内において機械的に処理する状況で、複雑な料金プランを100%理解して契約している若者がはたしてどれだけいるのだろう。


投稿者 秋山司法書士事務所 | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)